国内・海外対応

温泉に関することなら
温泉物件専門
温泉不動産へお任せください。

温泉不動産について

豊富な源泉と湯量を誇る我が国日本は、古来より、湯治や温泉療法など、独自の文化を築いてきた、世界でも屈指の温泉大国です。

おうち時間を大切にする考えが浸透してきた昨今、温泉付き物件の購入を希望するお客様が増加するなか、温泉不動産では【源泉かけ流し100%】をはじめ、泉質等にこだわった選りすぐりの温泉付き物件を取り扱っております。
また日本の重要な資源である「温泉」を扱う不動産会社として、SDGsに積極的に取り組み、限りある資源の有効活用に努め、また地域経済の発展に寄与し、「住み続けられるまちづくり」に貢献します。

わたしたちは業界初の温泉付き物件に特化した不動産情報サービスとして、温泉の確かな「知識」と不動産会社としての「経験」をもとにお客様にとって人生最良の物件探しのお手伝いをさせていただきます。

REASON選ばれる理由

選ばれる理由その1

01.

豊富な知識

「温泉ソムリエマスター」「e-温泉マイスター」「温泉観光士」「温泉観光実践士」「水・温泉ORP評価アドバイザー」を保有する専門スタッフの確かな知識により温泉の良し悪しを精査、「温泉分析書」や「温泉台帳」に基づいた良質な温泉情報取り揃えております。

お客様のご要望にかなう理想の温泉付き物件探しのサポートをいたします。

選ばれる理由その2

02.

高い提案力、
問題解決力、実行力

宅建業に関する豊富な経験と専門知識により、スムーズな温泉付き物件の取引を行います。
お客様のご要望や懸念事項をしっかりと把握し、物件取得までのご提案、ファイナンスサポート、法的手続き対応、アフターフォロー等、ニーズに合わせて堅実なサービスをご提供いたします。
また、全物件事前に温泉分析・水質検査を行い、配管などの温泉設備等の調査も済ませた安心安全な物件を掲載しております。
購入後の保健所対応(温泉採取権者の変更届等)もお任せください。

選ばれる理由その3

03.

不動産情報力と透明性

独自のネットワークで収集した、未公開情報を含む優良物件情報を取り扱っております。

市場・価格動向などを幅広く把握し、常に最新の情報をご提供します。
また、温泉付き物件は権利関係や管理方法が普通の物件とは異なるので、正確かつ詳細な情報をご提供することで取引に関して透明性を持ち、お客様とのコミュニケーションを重視いたします。

SERVICE事業案内

  • 売買仲介

    売買仲介

    温泉と不動産のプロが、お客様にとって理想の温泉付き物件を見つけられるよう「売買仲介」を行っております。

  • 物件販売

    物件販売

    自社開発した選りすぐりの温泉付き物件を販売しております。

  • 売却査定

    売却査定

    徹底したマーケティング調査と温泉の利用価値を正確に考慮したうえで、「売却査定」を行っております。

  • 買取

    買取

    一見価値がないような物件に対しても、さまざまな角度から光を当てることにより、不動産本来の価値を見出し、「買取」を行っております。

  • 不動産管理

    不動産管理

    購入後の物件メンテナンスに不安があるお客様に対し、建物管理、また定期清掃等をご案内しております。

  • コンサルティング

    コンサルティング

    温泉付き物件をご所有のオーナー様に対し、収益改善、補修・営繕、税金対策等のコンサルティングを行っております。

  • 賃貸仲介

    賃貸仲介

    温泉付きの居宅、施設等の賃貸仲介を行っております。

  • 温泉権

    温泉権の取引

    引湯権などの温泉権の売買、仲介、買取、査定を行っております。

  • 不動産の証券化

    不動産の証券化

    証券化することで不動産の流動性を高め、投資対象としての価値をさらに引き出します。

  • ドローン活用

    ドローン活用

    フライトオペレーターがお客様の記念になる航空写真を撮影します。今後は建物管理にも活用していく予定です。

  • 相続対策

    相続対策

    司法書士や行政書士、土地家屋調査士など各専門家と提携して、煩雑な権利関係や届け出をワンストップで解決します。

  • 鉱泉開発

    鉱泉開発

    貴重な資源である温泉をその文化等も含め様々な形で国内外に発信することで地域活性化とSDGsの達成を目指します。

STAFFスタッフ紹介

  • 松山 剛久

    松山 剛久

  • 今東 順一

    今東 順一

Q&Aよくある質問

  • 温泉法(おんせんほう、昭和23年法律第125号)は、温泉の保護等を定めた日本の法律です。

    温泉を保護し、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害を防止し、及び温泉の利用の適正を図り、もって公共の福祉の増進に寄与することを目的としています。

    1. 定義と認定: 温泉法では、地中から湧出する温水、鉱水、水蒸気などを「温泉」と定義し、一定の条件を満たす泉質に基づいて「泉質名」が付与されます。

    2. 泉質基準: 泉質名を付与するための物質基準や含有量基準が定められており、一定の成分を含む温泉が特定の泉質として認められます。

    3. 泉質別効能: 泉質ごとに効能が異なり、健康や療養効果があるとされるため、特定の泉質を持つ温泉が「療養泉」として認定されることがあります。

    4. 泉源の保護: 温泉の源泉地や周辺環境を保護するための規定があり、不適切な開発や利用が制限されます。

    5. 施設運営: 温泉施設の運営に関する基準や安全対策が定められ、施設の衛生管理や客室の設備に関する規定があります。

    6. 泉源温度と特殊成分: 泉源の温度や特殊成分に基づいて、一部の温泉が「療養泉」として認定されることもあります。

    7. 泉質表示: 温泉施設では、泉質名や効能などを表示し、利用者に正確な情報提供を行うことが求められます。

    温泉法は、温泉の健康効果を守りつつ、適切な利用と環境保護を両立させるための法律として重要な役割を果たしています。

  • 日本の温泉の種類は主に9種類です。

    ①単純温泉(やさしい湯):成分がバランスよく含まれ、身体にやさしい温泉。さまざまな成分が少量ずつ含まれています。アルカリ性単純温泉もあります。

    ②炭酸水素塩泉(泡の湯、美肌の湯):炭酸ガスを含む温泉で、肌をなめらかにし、血行を促進する効果があります。

    ③塩化物泉(熱の湯):海水の成分に似た塩分を含む温泉で、温まりやすいことから「熱の湯」とも呼ばれます。

    ④硫酸塩泉(傷の湯):保温効果があり、傷に効くとされています。硫黄臭が特徴です。

    ⑤二酸化炭素泉(泡の湯、炭酸泉):炭酸ガスが溶け込んだ温泉で、入浴すると肌に泡が付く湯が多く「泡の湯」「炭酸泉」とも呼ばれます。血管を拡張して血行が良くなり、血圧を下げる効果があるとされています。

    ⑥硫黄泉(万病に効く湯):腐った卵のような硫化水素臭が特徴で、多くの健康効果が期待されます。

    ⑦含鉄泉(赤褐色の湯):鉄分を含み、湧出時は無色澄明だが空気に触れると赤褐色に変色する特徴があります。

    ⑧酸性泉(殺菌の湯):肌や目に強い刺激を与える温泉で、殺菌力が高いとされています。

    ⑨放射能泉(鎮静の湯):微量の放射能を含む温泉で、鎮静効果があるとされます。

  • 温泉分析書は、温泉の源泉から採取された温泉水の成分や性質を詳細に分析し、記録した文書です。これは、温泉の泉質や特性を客観的に評価し、利用者に提供するための重要な情報源となります。

    1. **温泉の成分分析**:温泉分析書には、温泉中の主要な成分や溶存物質の濃度が詳細に記載されます。これには、硫黄、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などのイオンや、炭酸ガス、硫化水素、ラドンなどが含まれます。

    2. **温泉の泉質情報**:温泉分析書は、泉質の分類や特性を示す情報も提供します。例えば、単純温泉、硫酸塩泉、塩化物泉など、泉質名や特長が記載されます。

    3. **源泉温度**:温泉の源泉温度が記載され、その温度によって「冷鉱泉」「低温泉」「温泉」「高温泉」といった分類が行われることがあります。

    4. **pH値**:温泉の酸性度やアルカリ性度を示すpH値が記載されます。これにより、温泉の刺激や効果の予測が可能です。

    5. **微量成分や放射能**:微量成分や放射能の含有量も分析され、その成分が温泉の効能にどのような影響を与えるかが示されることがあります。

    6. **温泉の効能と適応症**:温泉分析書には、その温泉の効能や適応症が記載されることがあります。例えば、リウマチ、皮膚病、神経痛などに効果的であるかが示されます。

    7. **衛生的な情報**:温泉の衛生面に関する情報も含まれ、安全で快適な入浴を保つためのガイドラインや注意事項が提供されます。

    温泉分析書は、温泉施設や温泉地の管理者、医療専門家などが温泉を利用する人々に提供する重要な資料です。これによって、利用者は自身の健康状態やニーズに合わせて適切な温泉を選ぶことができ、安全で効果的な入浴体験を享受することができます。

  • 温泉台帳(おんせんだいちょう)は、日本において温泉源の位置や泉質、利用状況などの情報をまとめた公的な登録帳のことを指します。温泉地域や温泉施設が、温泉の管理や保護、利用者への情報提供などを効果的に行うために利用される重要な文書です。

    1. **温泉源の登録と情報管理**:温泉台帳には、温泉源の位置、源泉温度、泉質、湧出量などの基本的な情報が登録されます。これにより、温泉源の特性や変化を把握し、効果的な管理が行われます。

    2. **泉質情報の提供**:温泉台帳に記載される泉質情報は、利用者に対して温泉の特性や効能を提供する重要な役割を果たします。泉質によって異なる効果が期待できるため、利用者は自身の健康状態や好みに合わせて温泉を選ぶことができます。

    3. **地域振興と観光資源の活用**:温泉台帳は、温泉地域の観光振興や地域経済の活性化にも貢献します。正確な情報提供によって、観光客や温泉愛好者が訪れる動機や理由を提供し、地域の賑わいを創出します。

    4. **温泉施設の運営支援**:温泉台帳は、温泉施設の運営においても役立ちます。施設が提供する温泉の情報や特性を正しく伝えることで、利用者に対する説明や提案が容易になります。

    5. **温泉の保護と環境対策**:温泉台帳には、温泉源の湧出量や変動、地下水の状態などが記録され、温泉の保護や環境対策に役立てられます。持続的な利用を実現するために、適切な管理が行われます。

    6. **法的な基盤の提供**:温泉台帳は、温泉地域や施設の法的な基盤を提供する役割も果たします。温泉法や地方自治体の条例に基づいて登録や運営が行われ、法的な指針となります。

    温泉台帳は、地方自治体の管轄保健所が管理し、必要に応じて更新や公開が行われます。これによって、正確な情報提供と適切な管理が実現され、温泉利用者や地域社会の双方にとって利益をもたらす重要なツールとなっています。

  • 温泉権とは、温泉を利用するための権利の総称です。温泉をくみ上げる権利を指す湯口権や、温泉を引き込む引湯権、さらに引湯権を持つ方からお湯を分けてもらう分湯権などの権利があります。

    これらの温泉権の中でも、温泉付き物件を契約する際に重要となるのは、主に引湯権や分湯権になります。当社では温泉付き物件の価格はこれらの権利金も含めて表示しておりますので、お客様のほうで温泉権に関する手続きをする必要はなく、物件契約の際に温泉権の手続きも同時に進められます。

    購入後は毎月の使用料がかかり、定額の場合と、基本料金に加えて使用した温泉に応じて従量料金の場合があります。
    また、新規取得後10年程度で更新料を支払うケースもあります。
    この他、中古物件を買った場合、温泉権の名義書換料を払うケースもあります。
    いずれの場合も手続き関係についてはしっかりとフォローをさせていただきますのでご安心ください。

    温泉権については地域や物件ごとに事情が異なるので気になる物件がございましたらお気軽にお問い合わせください。

COMPANY会社概要

社名
TESS Real Estate株式会社
設立
2022年7月22日
代表者
松山剛久
所在地
宮崎県えびの市亀沢 280番地3
TEL
050-8885-2832
温泉不動産

ABOUT温泉不動産
ロゴマークについて

「温」の字をモチーフにしたシンボルマークです。
世界に誇る日本の素晴らしい資源である温泉を次世代へ大切に繋いで行く役割を担うべく、「温」の右側「日」の部分は日の丸の中に山と家を表し、「皿」の部分は温泉マークになっています。
温泉に浸かりながら、山の上に太陽が昇る様子をのんびりゆったり家から眺めているような「癒し」と「誠実さ」を感じていただける親しみやすい不動産屋を目指しています。

温泉不動産ロゴマーク

ACCESSアクセス

ページの先頭へ